年代問わず、女性にとってムダ毛は気になるものですよね。カミソリで剃ったり、除毛クリームだとすぐにまた生えてくるし、肌荒れになることも(T△T)


だからといって脱毛サロンやクリニックに通うほどお金の余裕もないし、時間も取れない、でも本格的な脱毛はしてみたい!


そんなあなたにおすすめしたいのが、家庭用脱毛です。脱毛サロンと同じような本格的な脱毛が家庭用脱毛器を使えばできちゃいます。


でも家庭用脱毛器っていっぱい種類があるし、性能の違いもわかりづらいですよね。そこで家庭用脱毛器の選び方のコツや、それぞれのメリット・デメリットを解説していきます。


そして最後にいろいろなメーカーから販売されている家庭用脱毛器でも特におすすめできるものをランキング形式でご紹介しています。

目次

家庭用脱毛器を使うメリットとデメリット


家庭用脱毛器を使う1番のメリットは、やっぱり手軽に脱毛ができること!
自宅でくつろいでテレビを観ながら片手間にムダ毛ケアをすることができることが大きなメリットです。


脱毛サロンだと通うのも大変だし、デリケートな部分の脱毛は女性スタッフが対応してくれてるといってもちょっと恥ずかしかったりしますよね。


医療脱毛ほどじゃないけど、サロン脱毛もそれなりに高額だし、全身脱毛をしようとすると数十万円はかかります。


ですが、家庭用脱毛器があれば1台で腕や脚はもちろん、それなりのモノを選べば顔やVIOなど全身脱毛することも可能です。。

・脱毛サロンに通うほど余裕がない

・脱毛サロンは予約も取りづらいと聞くし、通うのが億劫

・デリケートゾーンの脱毛はスタッフが女性でも恥ずかしい

以上のような理由で脱毛を諦めているなら家庭用脱毛器がおすすめです。


それでは家庭用脱毛器にデメリットはないのかというと、1つだけあります。家庭用脱毛器は、脱毛サロンで使用している業務用の機器と比べて、どうしても出力が小さいので、脱毛効果としては劣ります。よって脱毛サロンと比べると脱毛できるまでの時間が掛かります。


それでも自宅で自由な時間に処理したい、高額な費用を掛けたくないという方に家庭用脱毛器は人気となっています。

家庭用脱毛器の脱毛方式

現在販売されている家庭用脱毛器に採用されている脱毛方式は大きくわけて3種類あります。
それぞれ特徴があり、いずれもメリット・デメリットがあります。

レーザー式

家庭用脱毛器

レーザー脱毛はメラニン色素など、濃い色に反応するレーザーを使用します。レーザーの照射で毛乳頭などの毛根細胞を直接破壊して毛の生成を抑えてしまう脱毛方法です。


レーザー脱毛は、医師免許を所有していなければ扱えない脱毛器を使用。医療脱毛クリニックのみで行える施術です。脱毛効果は高いのですが、肌の弱い部分は強い痛みを伴うことがあります。


市販されているレーザー脱毛器は医療脱毛の機器と比べると出力はかなり弱めで、脱毛効果もかなり落ちます。それでも使い方をきちんとしないと肌トラブルに繋がってしまうことも。またレーザー脱毛器は、1度に照射できる範囲が狭いため、広い範囲のケア、特に全身脱毛したい方には不向きです。

フラッシュ式

家庭用脱毛器

メラニン色素など黒いものに反応する光を照射して、毛乳頭などの毛根細胞にダメージを与えてムダ毛を抑制します。基本的な仕組みはレーザー式と同じですが、照射範囲が広くレーザーよりもお肌のダメージは少なくて済みます。

その分、脱毛効果はレーザーよりもやや劣りますが、痛みが少ないので肌の負担もそれほどありません。


また、照射範囲が広くムダ毛ケアがスピーディーにできるので部分脱毛はもちろん、全身脱毛にも向いています。今、家庭で使える脱毛器の多くはこのフラッシュ式を採用しています。

サーミコン式

家庭用脱毛器

サーミコン式は、熱で毛を焼き切ることでムダ毛の処理を行う方式です。レーザー式やフラッシュ式のように毛根からケアする訳ではないので、脱毛ではなく一時的な除毛になります。

あくまでも肌の表面に出ている毛に対しての処理となるため、すぐにまたムダ毛は生えてきます。けして長期的・半永久的な効果はありません。

メリットとしては、毛抜きで抜くよりも時間が掛からず、お肌への負担もそれほどありません。またカミソリで剃った時みたいに毛先がチクチクするようなこともありません。

おすすめの脱毛方式の種類はフラッシュ式

先程も紹介したように「レーザー式」「フラッシュ式」「サーミコン式」の3種類の方式の脱毛器が販売されています。

レーザー式脱毛器
脱毛効果が高いものの、痛みを伴いやすく、照射範囲が狭いのでピンポイント脱毛向き。

フラッシュ式脱毛器
脱毛効果が高く、痛みも少なく照射範囲が広い。部分脱毛・全身脱毛とも使える。

サーミコン式脱毛器
脱毛効果はないものの、肌の表面に出ている毛を焼き切ることで除毛する

家庭用脱毛器は方式だけでも特徴がそれぞれあります。値段やデザインだけで選んでしまうと、期待していたような効果がなかったり時間が掛かりすぎて面倒になって続けられなかったりします。

特に家庭用のレーザー式は医療脱毛で使用されているものとは能力が違うので、フラッシュ式とそれほど効果に違いはありません。今はより痛みが少なく安全で広範囲を照射できるフラッシュ式の脱毛器が主流となっています。

本サイトでも効果が高く痛みも少なくて、よりスピーディーに脱毛が出来るフラッシュ式の家庭用脱毛器をおすすめしています。

家庭用脱毛器を購入するときにチェックするポイント

家庭用脱毛器は照射面積が広いものを!

フラッシュ式脱毛器といってもメーカーによって照射面積はさまざまです。照射範囲が広ければ、その分照射する回数も少なくて済むので、早く脱毛できます。

広範囲の脱毛をしたい場合、照射面積がなるべく広いものを選ぶべきです。市販されている家庭用のフラッシュ脱毛器の照射面積は、メーカーによって2~12cm²とかなり差がありますので、全身脱毛を考えている方は特に注意して選ぶ必要があります。


また脱毛個所によっては、脇や鼻下や指などの狭い照射口のカートリッジが必要な時もあります。狭い範囲にも対応できる交換式カートリッジを用意しているメーカーがあるので、そうしたオプションがあるかどうかもチェックしてみてください。

家庭用脱毛器は交換式の方がコスパがいい

家庭用脱毛器



家庭用脱毛器は2万円程度の安価なものから10万円を超える高価なものまで、さまざまな種類のものが販売されています。


安いからといって確認しないで買ってしまうと、効果がなかったり、痛くて使えなかったりと結局は高い買い物になってしまうことも。

家庭用脱毛器にはカートリッジやバッテリーが交換式のタイプと、使い切りタイプの2種類があります。安い脱毛器はカートリッジが使い切りのものが多く、使い終わってしまうと本体ごと新たに買わなければなりません。


一方の交換式は、たとえ本体自体が高くてもカートリッジやバッテリーさえ交換すれば長期間に渡って使用することができます。最初にかかる費用は高くても、交換式を長期に使い続ける場合はかえってコストが安くなるため、長い目でみれば交換式の方がお得だと言えます。

家庭用脱毛器は出力が大きいものを選ぶの?

家庭用脱毛器 



脱毛サロンは業務用なので出力が大きいから脱毛効果があります。だから家庭用脱毛器を選ぶ時に出力の大きいものを選べばより脱毛効果が高いはず。よし!脱毛器の出力を調べてみよう。と思ってしまいますよね。


ちなみに脱毛器の出力は「 ジュール」という単位で表されますが、この出力であるジュールを記載しているメーカーはほどんどありません。


実は、出力の表記に法的な基準がなくてメーカー毎に計測の仕方が違っています。基準も決まっていない出力表記で販売促進することは薬事法違反となりますのでメーカーは公表していません。


そうなると脱毛効果の高いものは、どう選べばいいかというと男性にも人気のある脱毛器をおすすめします。理由としては男性のムダ毛、特に髭なんかはかなりの剛毛なので、出力が高くないと脱毛できないからです。


剛毛まで処理ができるものは家庭用として販売できるぎりぎりの高さの出力です。だから髭などの剛毛用のカートリッジがある脱毛器は、脱毛効果が高いので男性からも人気が高いです。


ちなみにラヴィという家庭用脱毛器は78ジュールと唯一出力を記載しています。しかしこの数値はラヴィの会社の基準で測定した数値なので一般的なものではありません。

ちなみに高須クリニックのホームページには、「一般的なレーザーや光の出力は通常、ジュールという単位で表しますが、ほとんどの機械は20ジュール程度の出力でヤケドを起こしてしまう」と記載があります。

家庭用脱毛器は、安心のため日本製ものを選ぶ

家庭用脱毛器は、高い出力のフラッシュを直接肌に照射する商品です。やはり一番怖いのは製品の故障による事故じゃないでしょうか。

安かろう悪かろうでは取り返しのつかないことになりますので、なるべくなら品質のしっかりした日本製や大手のメーカーのものを選んでおいた方が無難かなと思います。

家庭用脱毛器のおすすめランキング


商品名 ケノン
画像
特徴 脱毛サロンに通うのは高額だし時間もない!自宅でもっと安く、でも脱毛サロン並みに脱毛したい。という方にぴったりなのが家庭用脱毛器の人気NO1のケノンです。高性能で低刺激のため、お肌が弱い方でも、安心して使用することができます。
だから発売以来多くの方から支持され続け、販売台数も50万台を突破しています。「ケノン」は、照射時間が短いのでお肌への負担が少なくなっています。レベル設定は、10段階あり、あなたのお肌に合わせて設定できるので痛みに我慢する必要がありません。また、照射面積が広いため、全身脱毛でも楽に行えます。また剛毛用のカートリッジもあり、濃い髭に悩む男性にも大人気の脱毛器です。
>>家庭用脱毛器ケノンの詳細ページへ
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 9.25cm²(3.7cm×2.5cm)
レベル設定 10段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数100万回
付属品カートリッジ3個付(剛毛1個,美顔1個)
眉毛脱毛器1個
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 69,800円
製造国 日本製
最安値店


家庭用脱毛器

商品名 ラヴィ(LAVIE)
画像 家庭用脱毛器
特徴 脱毛サロンで採用されているフラッシュ式脱毛が自宅で行える家庭用脱毛器です。パワーも大きく自社測定基準で78ジュールとありますが、7段階に設定可能なので、お肌が弱い方でも安心して使用することができます。また、カートリッジを交換するだけで、髭・デリケートゾーンの処理や美顔ケアもできる多機能な家庭用脱毛器です。照射面積も大きな7.4cm²なため、全身脱毛でも素早く行うことができます。早くそしてしっかり脱毛してくれる本格派なのに、お値段がお手頃なのでお買い得の商品と言えますね。ただしカートリッジの耐久性はケノンよりもかなり落ちるので、カートリッジ代(1個5,000円程度)がかかってきます。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 7.4cm²
レベル設定 7段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数10万回)
付属品カートリッジ1個付
オプションで髭・デリケートゾーン用有り
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 42,984円
製造国 日本製
最安値店


家庭用脱毛器

商品名 2PSクリスタル
画像 家庭用脱毛器
特徴 ツーピーエスとして販売されていた家庭用脱毛器が2PSクリスタルとして機能が大幅に変更しリニューアルデビューしました!従来品では照射面積6.51cm²から拡大し7.04cm²になったことで、今まで以上に全身脱毛もしやすくなりました。照射回数も従来品の13万2000発から大幅に100万発へ。フラッシュの4連射や、肌の上を滑らせるだけで自動照射できる機能が追加されるなどパワーアップしています。パワーレベルを8段階まで設定できるので、お肌の弱い方でも安心して使用できます。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 7.04cm²(3.2cm×2.2cm)
レベル設定 8段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数100万回
付属品カートリッジ1個付
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 69,800円
製造国 韓国製
最安値店


家庭用脱毛器

商品名 レイボーテグランデ
画像 家庭用脱毛器
特徴 美容・健康機器メーカーの大手ヤーマンが販売している家庭用脱毛器の最上位機種がレイボーテグランデです。他社の家庭用脱毛器と比べても12cm²と照射面積が断トツに広いのがポイント!また10連射機能もあるため脱毛もスピーディーに処理ができます。その他にもスキンケアの機能もあり、お肌の弱い方にもおすすめです。付属しているヘッドを部位ごとに交換することで、手足はもちろん顔などのデリケートな部位までしっかりとケアできます。レイボーテグランデが家に1台あればお顔を含めた全身のケアができちゃいます。唯一の欠点は他と比べてかなりお値段が高いところ。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 12cm²
レベル設定 10段階
カートリッジ 交換式カートリッジ(照射回数20万回)
付属品カートリッジ4個付(ラージ、スモール、フェイス、クールヘッド)
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 129,384円
製造国 日本製
最安値店


家庭用脱毛器

商品名 エピレタ
画像 家庭用脱毛器
特徴 特許技術のHPL(ホームパルスライト)というフラッシュ照射に超音波をプラスした技術を採用しているのが「エピレタ」の大きな特徴です。フラッシュを照射だけの脱毛器よりも光の強さを抑えることができるので、お肌に優しい家庭用脱毛器です。チャージ時間も短くて済み、片脇の処理ならわずか10秒とあっという間に終わります。。肌色センサーが搭載されているので、日焼けや色素沈着などの使用できない肌色の個所はフラッシュうが照射されないように安全装置も装備。充電式ではなくコンセントタイプなので、処理する場所の制限があり、照射面積も狭いので全身脱毛には不向きです。ただとにかく安くて狭い範囲の脱毛だけならエピレタもありかなって思います。
脱毛方法 フラッシュ式
照射面積 2cm²
レベル設定 5段階
カートリッジ 使いきりタイプ
アフターケア メーカー保証1年
価格(税込) 15,984円
製造国 イスラエル製
最安値店

家庭用脱毛器の口コミ

それでは人気ランキングの上位に入った家庭用脱毛器の口コミを見てみましょう。
確認する口コミは日本最大の美容総合サイト「アットコスメ」です;。

ケノンの口コミ

家庭用脱毛器Kさん 33歳  ★★★★★★★
生まれつき他の人より体毛が濃かったので、自己処理できる方法をネット調べて、一番選ばれているというケノンを買いました。ネットでの情報なので、使ってみるまでは本当に効果があるのか、もしかしたら嘘だったらと色々悩みました。しかし自宅に届いてさっそく使ってみると、考えていたほど悪くありませんでした。使い始めて3ヶ月くらいしか経っていませんが、思っていたより脇や背中などきれいになりました。肌も痛むことなくすべすべになったので、とても気に入りました。

家庭用脱毛器 口コミの女性2Hさん 24歳  ★★★★★★★
昔から人と比べ剛毛だったので、20代になってから脱毛サロンに通うようになりました。でも、あまりにもお金がかかってしまうので、もう少し脱毛に関する費用を抑えたいと考えケノンに切り替えました。高い買い物でしたが、サロンに通い続けることを考えたら使用はだいぶ安く済むと思ったからです。レベルによって肌に赤味が出ることもありますが、それ以外は特にトラブルもありません。それに、脱毛サロン並みとまでとは行きませんがこのレベルの脱毛が家でできちゃうのは本当に凄いと思います。

家庭用脱毛器NさN 20歳  ★★★★★★
仕様して6ヶ月になりますが、脇はまったく生えてこなくなりました。今は脚を中心に使っています。脱毛サロンのお得パックで脚を6回照射したことありますが、効果を感じられる前に終わってしまいました。同じくらいのお金で自分で照射できるケノンは凄くお得に感じてます。自分で照射して自分で冷やしてってやるのが、けっこう面倒に感じる方もいるかもしれません。だけどきちんと続けると、脇はぜんぜん生えてこなくなったのでちゃんと効果があるんだと思います。

ラヴィ(LAVIE)の口コミ

家庭用脱毛器Kさん 29歳  ★★★★★★★
もっと早くラヴィを購入しておけば良かった…。結婚式に間に合うように自宅で脱毛をしたいと手に入れました。既に足と脇は脱毛済みだったので腕を重点的にすることに。5回目くらいでほぼ薄くなり、剃る必要もなくなりました。少しは生えてるとこもあるけど見えないので剃る必要がない(笑)妊娠出産を経て最近また脱毛を再開し今はvioを頑張っている最中です。シミが大きくなってるので美顔機能で肌ケアもしています。

家庭用脱毛器Pさん 24歳  ★★★★★★
ラヴィはけして安くはない買い物だったので、本当に効果があるか不安でしたが、何回も照射すると本当にムダ毛が生えてこなくなりました!Vラインと腕や口まわりなどに当てていて、回数は忘れましたが大体5回くらい?照射後から生えてこなくなったと思います。I.Oラインも脱毛サロンに行くのが恥ずかしいので、今挑戦中です…。美顔器の効果はよくわかりませんがたまにほうれい線や鼻に当ててます。

家庭用脱毛器の使い方

いろいろな家庭用脱毛器がありますが、フラッシュ式脱毛器であれば、メーカーの違いがあってもほとんど使い方は同じです。

それでは簡単に手順を説明しますね。

脱毛の手順

脱毛する個所の毛を剃る

毛を剃るといってもツルツルな状態では脱毛器の効果は発揮されません。ムダ毛は、1mm程度の長さを残した方が効率的な脱毛が出来ます。
フラッシュ式は、IPLという光を放ち、毛根の黒い色素に反応し毛根にダメージを与えます。ダメージを受けた毛根はしばらくすると抜け落ち、また新たなムダ毛も生えにくくなります。

なるべくなら前日にカミソリや電気シェーバーなどでムダ毛処理をして、ある程度剃り残しがあるぐらいでやめておきましょう。

脱毛前に冷やす

光を照射する部分を、保冷剤などで数秒間しっかり冷やします。この脱毛直前にしっかり冷やすことが痛みを抑える重要なポイントです。

たまに面倒だからと冷やさずに脱毛する方がいらっしゃいますが、痛みが感じやすくなりお肌トラブルの可能性も高くなるでやめましょう。

脱毛器の使用

脱毛器を使用する前にレベルの調節も重要なポイントです。脱毛したい部位によって痛みの感じ方も違うし、必要な出力も異なります。下記に記載するケノンの場合の部位毎のレベル設定を参考にしながら、自分にあったレベルを調整してみてください。

家庭用脱毛器ケノンのレベル目安(レベル10段階)

レベル5~9 レベル6~10 レベル8~10
乳首周り 髭・口周り うなじ
Iライン
Oライン
背中 お腹
Vライン 手足の甲・指



実際に脱毛器を使い脱毛したい部分に光を照射していきます。まぶしい光が一瞬ですが光るので、サングラスを着用して行うことをおすすめします。そして肌に光を照射、→位置をずらして、→再び肌に照射を繰り返していきます。

気をつけることは、照射した部分がなるべく重ならないようにと照射漏れができてしまわないようにすることです。

脱毛後も冷やす

光を照射後はしっかり冷やしてください。光を照射すると毛根にダメージを与えるだけではなくて、お肌も熱のダメージがあります。いわば強いを受けていますので、強い日焼けや軽いやけどをしている状態と思ってください。

すぐに冷やせばお肌の炎症は抑えられますが、ケアをしないと炎症が起きて肌が赤くなることがあります。そして長期化すれば色素沈着、いわゆる黒ずみの原因になることがあります。

脱毛して綺麗でスベスベのお肌を手に入れるはずが、黒ずみがひどくなってはせっかく脱毛する意味がありません。

脱毛後の保湿ケアも大切

脱毛した後のお肌は乾燥しがちなので、保湿でケアをしてましょう。

保湿には、ひんやり効果があり、テクスチャーも優しいジェルタイプのスキンケアがおすすめです。冷蔵庫で冷やして使うとひんやり感がよりアップし、肌にも心地良いはずです。

もし、赤みが引かない場合は炎症を抑える軟膏を塗りましょう。
おすすめする軟膏は次のものです。

ステロイド剤の軟膏
エマゼン軟膏、ベトネベートN膏
非ステロイド剤の軟膏
フェミニーナ軟膏、森下仁丹 パンパス軟膏
毛嚢炎におすすめの軟膏
テラマイシン軟膏A

これらの軟膏は、市販されているので薬局で購入することができます。薬剤師に症状を伝えて、肌質に合った薬を選んでもらいましょう。

家庭用脱毛器の使用頻度について

脱毛周期

脱毛サロンでは、2ヶ月~3ヶ月おきに通うのが一般的です。それに比べ家庭用脱毛器の場合は2週間に1回が目安です。

どうして2週間に1回という使用周期なのでしょうか?

それは照射の間隔は毛周期が関係しているからです。

成長期 ⇒ 成長後期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期

毛は4段階サイクルを繰り返し、生え変わっており、これを毛周期(ヘアサイクル)といいます。脱毛サロンも同じですが光脱毛で、効果が現れるのは成長期の毛だけです。

肌の表面に見えている毛は、全体のわずか20~30%ほどなんです。2週間もすれば、皮膚の下にある成長初期の毛のなかで成長期を迎え表面に出てくるものがあります。

毛はみな同じタイミングで成長しているわけではないで、一斉に肌の表面には出きません。2週間ほどで数%の毛が、成長期となって肌の表面に出てくるというわけです。

部位別の脱毛回数と期間

次に部位別の脱毛回数と期間の目安です。ムダ毛がほとんど気にならなくなる程度になるための回数です。ただ個人差もあるためあくまでも目安となります。

以外に思うかもしれませんが、毛の薄いうなじや背中など回数が多くなりますが、毛が薄いので光脱毛の効果も出にくく、多くの回数が必要となります。

部位 脱毛回数 期間
12回 6ヶ月
24回 12ヶ月
うなじ 24回 12ヶ月
10回 5ヶ月
背中 24回 12ヶ月
12 回 6ヶ月
10回 5ヶ月
お腹 10回 5ヶ月
VIOライン 12回 6ヶ月
10回 5ヶ月

家庭用脱毛器のQ&A

家庭用脱毛器は中学生や小学生などの子供も使用できるの?

中学生や小学生の成長の早い子だと脇毛が生えてきたり、体毛が濃くて悩んでいる子供は少なくありません。脇毛が原因で友達からからかわれたり、いじめに遭う原因にもなりかねません。
>>脇の処理はこちらで詳しく解説

子供が悩んでいる姿を見て、そんな時に家に脱毛器あれば脱毛してあげたいと考えますよね。だけど心配なのが、成長期の子供に家庭用脱毛器を使ってもいいのなのか、何か悪い影響がないのかです。

実のところ家庭用脱毛器のメーカーは、子供の使用を推奨していません。理由としては以下となります。

・子供は脱毛器を正しく扱うことができない
・ホルモンバランスが整っていないうちは、処置をしても毛が生えてくる
・毛の色素が薄い子供のうちは脱毛効果が低い

脱毛器の効果が高くなるのは、生理が始まり女性ホルモンのバランスが安定する高校生ぐらいからです。だだし、子供でも脱毛器が使えない
わけではありません。親が家庭用脱毛器のい使い方をきちんと教えてあげて、一緒に行えば使用するぶんには問題はないでしょう。

家庭用脱毛器は妊娠中の女性は使用できるの?

フラッシュ式の家庭用脱毛器は、光を照射して脱毛を行います。この光が、胎児に何か悪い影響があるのではないかと心配する方が、かなり多いです。

しかしフラッシュ式脱毛器の光は、可視光といって普段から浴びている太陽と同じ種類の光なので安全です。光も皮膚の表面のごく浅い部分にしか到達しません。

よってお腹の中の赤ちゃんにも影響はありませんが、妊娠中のお母さんはホルモンバランスが乱れているため、きちんとした効果が見込めません。また妊娠中は痛みを感じやすくもなるので、妊娠中の脱毛は避けるようにしましょう。

ほくろに家庭用脱毛器の光を照射しても問題ないの?

家庭用脱毛器を使用する際、ほくろに光を当てても良いのかどうか気になる方も多いようです。フラッシュ式脱毛器を使用する場合は、ほくろに直接光を照射することは避けてください。

ほくろは黒い色をしていますよね。これは母斑細胞というメラニン色素を持つ細胞ですが、ほくろの黒い色に脱毛器の光が反応してしまいます。するとほくろの細胞が火傷をしたり、痛みを強く感じるなどの肌トラブルになる可能性があります。

脱毛したい部分にほくろがあ場合は、絆創膏やシールなどでほくろを隠してから行ってください。

メンズにも効果のある家庭用脱毛器は?

近頃は男性専用脱毛サロンが続々オープンするなど、メンズにとっても脱毛をするのが当たり前になってきました。そして脱毛サロンに通う時間がなかったり、コストをなるべく抑えたいメンズにとって家庭用脱毛器が人気です。

ただどの家庭用脱毛器を選んでいいのか、迷う方も多いようです。男性の場合は、女性と比べて毛深く、特に髭などの剛毛を処理しなければなりません。当然照射のパワーが強く、レベルは何段も設定が可能なものをおすすめします。

こちらのページで詳しくメンズに人気のある家庭用脱毛器をご紹介しています。

>>メンズに人気のある家庭用脱毛器のページへ

家庭用脱毛器でVIOのデリケートゾーンの処理をしたい!

医療脱毛クリニックや脱毛サロンに通わない理由の1つにデリケートゾーン、つまりVIOを他人に見られたくないという事がかなり多いようです。いくら相手が女性とは言え他人に見られるのは、かなり抵抗がありますよね。

そういった方が家庭用脱毛器を購入しセルフで行っています。ただ難しい部位でもあるためちょっとしたコツが必要だったりします。こちらのページでは、自宅で行うVIO脱毛について詳しくご説明しています。

>>VIO脱毛のやり方を詳しく解説しているページへ

家庭用脱毛器は敏感肌でも使用できるの?

敏感肌の方は、カミソリや除毛クリームなどはお肌への負担が大きいので使用は難しいですよね。そこへいくとフラッシュ式脱毛器はお肌への刺激もそれほどないため好まれているようです。

さらにフラッシュ式脱毛器の中でも、出力レベルの設定が多くできるもの、連射機能付きのものを選ぶとよりお肌への負担が軽くなるのでおすすめです。

出力レベルの設定が多くできるものを選ぶ

出力レベルの設定が多くできるものは、無理がなく自分の肌に合った出力に合わせやすいため、痛みや熱さを感じない程度のギリギリの出力まで設定することが可能です。最大限の脱毛効果を発揮しながらも、肌への負担は少ないので、敏感肌の方にもおすすめです。

連射機能があるものを選ぶ

連射機能とは1回分の出力を数回に分けることで肌への負担のを軽くする機能です。敏感肌の方は、この連射の回数が多ければ多いほどお肌への負担が少なくなりますので、家庭用脱毛器を購入する際は連射機能もチェックして見てください。

家庭%E